DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c20. 紀要 > 金沢大学十全医学会雑誌 > 110巻5・6号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
C0000002237-008-murase.pdf1.32 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: インスリン抵抗性症候群及び2型糖尿病患者におけるLMNA遺伝子変異の検討
著者: 村瀬, 裕子 link image
Murase, Yuko
発行日: 2001年12月
雑誌名: 金沢大学十全医学会雑誌
ISSN: 0022-7226
巻: 110
号: 5・6
開始ページ: 360
終了ページ: 369
キーワード: インスリン抵抗性
高脂質血症
症候群
遺伝子多型
糖尿病-2型(遺伝学)
変異
Lamin A
Lamins
 ヒト
抄録: インスリン抵抗性症候群および2型糖尿病患者におけるLMNA遺伝子変異について検討した.対象は,黒色表皮症を伴ったインスリン抵抗性男性患者8名(平均年齢20.8歳),男性2型糖尿病患者164名(平均年齢48.4歳)および男性非糖尿病対照者171名(平均年齢53.9歳)で,末梢白血球より分離した高分子DNAを用いた.インスリン抵抗性患者で,エクソン10の1908番目の塩基がCからTへ変異する一塩基変異多型のみが3名に認められた.変異型ホモ(1908T/T)のラミンAおよびラミンCのmRNAレベルでの明らかな異常は認められなかった.1908CtoTの変異型群の頻度は,非糖尿病群に比し糖尿病群で有意に高値であった.1908CtoTの変異型群では,1908C/C群に比し血清総コレステロール,血清中性脂肪,空腹時インスリン値,HOMAが有意に高値で,HDL-Cが有意に低値であった.以上より,LMNA 1908CtoT遺伝子多型は日本人男性においてインスリン抵抗性を介して糖尿病や脂質代謝異常に関連している可能性が考えられた
内容記述: 原著論文
その他の番号: 2002182306
URI: http://hdl.handle.net/2297/4557
資料種別: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:110巻5・6号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/4557

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください