DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c20. 紀要 > 金沢大学十全医学会雑誌 > 110巻3・4号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
C0000002237-007-takasakura.pdf3.08 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 下顎枝矢状分割術後におけるオトガイ領域知覚神経麻痺の発生要因に関する臨床的研究
著者: 高桜, 大輔
Takazakura, Daisuke
発行日: 2001年 8月
雑誌名: 金沢大学十全医学会雑誌
ISSN: 0022-7226
巻: 110
号: 4・5
開始ページ: 210
終了ページ: 226
キーワード: オトガイ
顎の奇形(外科的療法)
口腔外科
術後合併症
X線CT
麻痺(病因)
誘発電位
下顎枝矢状分割術知覚神経
 ヒト
抄録: SSRO施行患者42名84側に対して自覚症状による麻痺の有無についての問診と三叉神経感覚誘発電位(TSEP)測定を術前,術後に行い得られた波形を検討した.その中で2点識別域(TPD)検査を施行した18名36側を対象に,その回復時期,TSEP波形測定可能時期,自覚症状の回復時期の3者を比較検討した.その中の10名20側を対象に,術中TSEPを施行し電気生理学的検討を行い,術後のCT撮影が施行できた21名42側を対象に,下顎管周囲骨硬化部内側から下顎枝遠位骨片分分割面迄の距離を測定し,その距離を接近距離とし,接近距離と知覚神経麻痺との関連性を検討した.その結果,TSEP波形測定可能時期の方が自覚症状による麻痺の回復時期より有意に早かった.SSRO施行によるオトガイ領域の知覚神経麻痺は,術中の各段階ごとに生じており,中でも分割面と下顎管の位置に強い関連があることが示された
内容記述: 原著論文
その他の番号: 2002098610
URI: http://hdl.handle.net/2297/4568
資料種別: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:110巻3・4号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/4568

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください