DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c20. 紀要 > 金沢大学十全医学会雑誌 > 110巻2号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
C0000002237-006-ikenaga.pdf1.49 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 部分脱神経筋における神経筋の相互作用 ラット第5腰髄神経節切除後の坐骨神経及びヒラメ筋における形態学的変化
著者: 池永, 康規
Ikenaga, Yasunori
発行日: 2001年 4月
雑誌名: 金沢大学十全医学会雑誌
ISSN: 0022-7226
巻: 110
号: 2
開始ページ: 149
終了ページ: 158
キーワード: 解剖学
坐骨神経
除神経
神経節切除術(実験的)
脊髄
ラット
骨格筋
ラット
動物
抄録: 恒常的な部分脱神経筋モデルラットを作成し,部分脱神経をおこした神経の本幹部分を観察した.部分脱神経後の神経本幹部分では,残存した神経束の髄鞘内横断面積は術後4週~6週目にかけて増大することが明らかになった.又,部分脱神経により筋湿重量は低下するが,残存した正常な筋群の代償的肥大と神経再支配が行われても変化しなかった.発芽による再神経支配を受けたヒラメ筋の筋線維が回復する段階において,タイプII線維の比率が上昇した
内容記述: 原著論文
その他の番号: 2001270288
URI: http://hdl.handle.net/2297/4572
資料種別: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:110巻2号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/4572

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください