DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > F- 3. 総合メディア基盤センター > f-3 10. 学術雑誌掲載論文 > 1. 査読済論文 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
INF-PR-TAKATA-Y-217.pdf2.19 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 博物資料情報に対するDOI付与の意義と展望
その他のタイトル: The significance and prospect on the allocation of DOI to museum material information
著者: 堀井, 洋 link image link image
林, 正治 link image link image
堀井, 美里
上田, 啓未
山地, 一禎 link image link image
高田, 良宏 link image link image
Horii, Hiroshi
Hayashi, Masaharu
Horii, Misato
Ueda, Hiromi
Yamaji, Kazutsuna
Takata, Yoshihiro
発行日: 201605年
出版社(者): 情報知識学会 = Japan Society of Information and Knowledge
雑誌名: 情報知識学会誌 = Journal of Japan Society of Information and Knowledge
ISSN: 0917-1436
巻: 26
号: 2
開始ページ: 217
終了ページ: 220
キーワード: museum resources
DOI
repository
non-bibliographic resources
博物資料
DOI
リポジトリ
非文献資料
抄録: Utilization and dissemination in the preservation and inheritance and society for the future of museum materials have been demanded. We have been constructing academic resources repository to target Scientific Instruments and Wall Charts that created in the Meiji era, assigned DOI to each of the information. This paper describes about outline of academic resources repository and future prospects. 古文書や科学実験機器など所謂”博物資料”に関しては,将来に向けた保存・継承 とともに広く社会における活用や普及が求められている.発表者らは,これまで 明治・大正期の科学実験機器資料や教育掛図資料に関する博物資料情報をリポジトリ公開し,それらに対してデジタルオブジェクト識別子(DOI: Digital Object Identifier)を付与する試みを実施してきた.本発表では,その概要を紹介するとともに,社会における活用など今後の展望について述べる.
DOI: 10.2964/jsik_2016_022
URI: http://hdl.handle.net/2297/45891
関連URI: https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jsik
http://www.jsik.jp/
資料種別: Journal Article
版表示: publisher
出現コレクション:1. 査読済論文

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/45891

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください