DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > K. 科研費研究成果報告書,COE報告書 > k-1. 科学研究費成果報告書 > 平成14年度 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
ED-PR-KUJIRA-Y-68.pdf4.59 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 水田の環境保全と水稲の超多収を実現させるための戦略
その他のタイトル: Strategy for maximizing sustainable rice yields in paddy field through environmental management.
著者: 鯨, 幸夫 link image link image
Kujira, Yukio
発行日: 2003年 3月
出版社(者): 金沢大学教育学部
雑誌名: 平成14(2002)年度科学研究費補助金 基盤研究(C)(2) 研究成果報告書
巻: 1999-2002
開始ページ: 68p.
キーワード: environmental conservation
paddy field
rice
high yield
root
Organic farming
no pesticide
low cost
環境保全
水田
水稲
超多収
根系
有機農業
無農薬栽培
低コスト
コシヒカリ
多収
根重
サイトカイニン
収量
出液速度
根の活力
ルビジウム吸収量
環境保全型農業
根の生理活性
F_1品種
溢泌液
多収穫

F1品種
ルビジウム吸収
抄録: 本研究では、水田の環境を保全しながら水稲の超多収を実現させる戦略について検討した。得られた結果の概要は以下の通りである。1)1992年に998kg/10aの超多収を示した長野県伊那市の農家水田で生育するコシヒカリを調査し解析した。伊那コシヒカリの超多収性は、総根重、土壌表層根重の多さ、根の生理活性の高さに支えられた高い光合成速度と蒸散速度が背景にある。また、低水温の農業用水と土壌中の気相割合の多さも関係している。2)有機資材の連用により土壌中の腐植含有量は増加し、超多収を示した伊那コシヒカリと類似した根系形態を示すようになった。また、根の生理活性も高いことから、土壌への有機物連用は地力維持と環境保全への近道であると考えられた。3)コスト削減と外部環境に及ぼす影響を軽減するには、不耕起直播栽培や土中打込み点播方式も効果的である。また、LP肥料を用いたF1水稲品種の乾田不耕起直播栽培も北陸では有効であると考えられた。4)慣行的に施用されてきたN,R,K施肥の意味について、三要素継続試験から検討すると、三要素区、無P区、無K区での収量、根重、根の活力に有意な差が認められないことから、慣行的な施肥法を再考する必要性があることが明確となった。5)水稲の無農薬有機栽培の可能性について、コシヒカリBLを用いて検討した。再生紙マルチを用いて水稲を有機栽培すると575kg/10aの収量を示した。根系生育および根の生理活性は、超多収を示した伊那市のコシヒカリに近似していたことから、有機資材を用いて多収を実現することの可能性が示唆された。なお、畦畔にはアジュカ、イワダレソウを埴栽した。また、植物資材を利用した除草効果を検討したところ、米糠の利用が現実的であると判断された。6)2002年の伊那市の超多収コシヒカリの収量は800kg/10a以上を示した。 Grain yield of rice grown in Ina Held was comparatively high, and showed large root dry weight and high physiological root activities. Cytokinin content (t-ZR) in the bleeding sap of Koshihikari grown in Ina was high compared with the other fields. Accordingly, it may be considered that physiological root activity leads to high grain yield. A oil in Ina includes high rate of gas phase and high carbon content. Physical characteristics of the soil, that is high porosity content and high humus content, will affect the rise or fall of soil and water temperature. Effects of continuous fertilizer managements on the aboveground growth and root growth, physiological root activities and yield components of rice were discussed. Koshihikari grown with large amount of organic fertilizer applications had significantly smaller root dry weight and shallower root distribution than conventional management. Optimum management of organic fertilizers applications will be needed. F1 cultivars of rice, though extremely late maturing, showed good adaptabilities to no-tillage direct seeding with LP fertilizers use on well-drained paddy field in Hokuriku district N, P, K fertilizers were used very commonly as a conventional management Grain yield of no-phosphate application, no-Potash application and conventional plot with three major nutrient applications were discussed from the data of continuous 20 years experiments. There was no significant difference in the yield among the experiments. There was no significant difference in the root dry weigh and physiological root activities among the treatments. It is necessary to discuss if the conventional fertilizers application with three major fertilizers is need. Rice production of maximizing sustainable grain yields through environmental management of paddy field will be possible using compost or LP fertilizer and rice bran.
内容記述: 研究期間(年度):1999–2002, 研究課題/領域番号:11660015
URI: http://hdl.handle.net/2297/46425
関連URI: https://kaken.nii.ac.jp/grant/KAKENHI-PROJECT-11660015/
https://kaken.nii.ac.jp/search/?qm=20126577
資料種別: Research Paper
版表示: author
出現コレクション:平成14年度

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/46425

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください