DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > F- 5. 国際基幹教育院-外国語教育系(旧 外国語教育研究センター ) > f-5 20. 紀要 > 言語文化論叢  > 10号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004370986.pdf1.14 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 常用句の日独対照研究のために : 視点の違い
その他のタイトル: Perspektive in Routineformeln im Deutschen und Japanischen
著者: 西嶋, 義憲 link image link image
Nishijima, Yoshinori
発行日: 2006年 3月31日
雑誌名: 言語文化論叢
ISSN: 1342-7172
巻: 10
開始ページ: 157
終了ページ: 182
抄録: 従来のポライトネス(丁寧さ)の研究では、コミュニケーション行動制御常用句についてはほとんど扱われてこなかった。コミュニケーション行動制御常用句とは、聞き手の行動を当該社会で通用している行動規範に照らして否定的あるいは肯定的に評価し、その行動の修正あるいは促進を試みるメタ言語的定型表現のことである。たとえば、「人のことも考えなさい」は、そのような表現の一つである。これと等価なドイツ語表現は、"Denke doch auch mal an andere!"であろう。両表現は、たしかに機能、形態、意味の面で対応しているように見える。しかし、つぶさに比較すると違いが認められる。その違いの一つは、表現形成の際の「視点」にある。本稿では、日本語常用句に関わる視点の特徴を、対応するドイツ語常用句表現と対比することにより例示し、それによって今後の体系的な研究のための基礎を提示する。
URI: http://hdl.handle.net/2297/4749
資料種別: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:10号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/4749

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください