DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c20. 紀要 > 金沢大学十全医学会雑誌 > 126巻1号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
AN00044397-126-1_2-7.pdf1.62 MBAdobe PDF公開予定日: 2019-03-01
タイトル: アカクラゲ刺傷により高血圧性脳症を呈した5歳男児例
その他のタイトル: Life-threatening complications of Chrysaora pacifica stings in a five-year-old child
著者: 谷内, 裕輔
Yach, Yusuke
発行日: 2017年 3月
出版社(者): 金沢大学十全医学会 = The Juzen Medical Society Kanazawa University
雑誌名: 金沢大学十全医学会雑誌 = Journal of the Juzen Medical Society
ISSN: 0022-7226
巻: 126
号: 1
開始ページ: 2
終了ページ: 7
キーワード: アカクラゲ
高血圧性脳症
低ナトリウム血症
刺胞
Chrysaora pacifica
encephalopathy
hyponatremia
nematocyste
抄録: クラゲ刺傷は,アカクラゲ刺傷で見られる局所症状を主症状とする軽症例から,イルカンジクラゲ刺傷のように著明な高血圧や肺水腫をきたす致死的重症例まで様々である.今回,アカクラゲ刺傷後に高血圧性脳症による意識障害を呈した重症アカクラゲ刺傷症例を経験した.クラゲ刺傷は,触手に存在する無数の刺胞から刺糸が射出し生体内にクラゲ毒を注入することで発症する.アカクラゲの刺糸は短いため,毒素が全身に拡散されず局所症状でとどまる事が多い.しかし,本症例では刺傷部位が広範囲であったこと,小児の皮膚厚が薄く刺糸が静脈叢にまで到達しクラゲ毒が全身に拡散したため重症化したと考えられた.クラゲ刺傷は体内でカテコラミン濃度を一過性に上昇させ循環動態の異常をきたすため,循環動態の安定に主眼を置いた治療戦略が重要となる.クラゲ毒の生体内での影響について考察し,アカクラゲ刺傷でも重症例があることを認識したため報告する.Jellyfish stings can cause symptoms that range in severity from mild symptoms, such as local pain associated with Chrysaora pacifica stings, to severe symptoms, such as cardiovascular collapse or pulmonary edema associated with Carukia barnesi stings. We describe a boy who was admitted to our hospital due to disturbed consciousness caused by posterior reversible encephalopathy syndrome after Chrysaora pacifica sting. Jellyfish stings occur when a physical stimulus triggers the ejection of a tubule contained within cells called nematocysts. The tubules, which are tipped with barbs, penetrate the skin of the target organism and venom is injected. Since the nematocyst tubules of C. pacifica are usually too short to reach the subcutaneous venous plexus, the stings of this species are rarely fatal in adults. However, the thinner skin of children does not present a sufficiently thick barrier to C. pacifica nematocyst tubules, which then discharge venom into the venous plexus and become life-threatening. Moreover, as jellyfish envenomation markedly increases serum catecholamine levels, stabilization of circulatory dynamics is a priority.
URI: http://hdl.handle.net/2297/47868
関連URI: http://juzen-igaku.w3.kanazawa-u.ac.jp/
資料種別: Departmental Bulletin Paper
版表示: publisher
出現コレクション:126巻1号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/47868

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください