DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c20. 紀要 > 金沢大学医学部保健学科紀要 > 24巻2号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
C0000003273-155.pdf778.67 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: Relationship between percent body fat, body anthropometric indices and body composition in Japanese elementary school children
その他のタイトル: 学童の体脂肪率と体格指数,及び体組成との関係
著者: 木村, 留美子 link image
Kimura, Rumiko
発行日: 2001年 3月
雑誌名: 金沢大学医学部保健学科紀要
ISSN: 1342-7318
巻: 24
号: 2
開始ページ: 77
終了ページ: 84
キーワード: 小児
体格
肥満指数
身体組成
小学生Kaup指数
Rohrer指数
ヒト

抄録: 小学3年生から6年生の児童966名(男子494名,女子472名)を対象に,Kaup指数,Rohrer指数,肥満度の三つの体格指数と体脂肪率の関係を検討した.又,体組成とKaup指数及び体脂肪率の関係についても検討を行った.体脂肪率は体格指数と強い相関関係にあったが,Kaup指数による肥満判定は,除脂肪量や体水分量により体重の重い体格のよい肥満ではない子どもも肥満と判定していた.体脂肪率による肥満判定では6年生の男女だけがKaup指数が22以上の肥満であった
内容記述: 原著論文
URI: http://hdl.handle.net/2297/6136
資料種別: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:24巻2号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/6136

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください