DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c20. 紀要 > 金沢大学医学部保健学科紀要 > 24巻2号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
C0000003273-163.pdf922.22 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 子育て支援セミナー受講前後における母親と保育士の子どもに対する意識の変化
著者: 木村, 留美子 link image
津田, 朗子 link image link image
五十嵐, 透子
河田, 史宝 link image link image
関, 秀俊
Kimura, Rumiko
Tsuda, Akiko
Igarashi, Toko
Kawata, Hitomi
Seki, Hidetoshi
発行日: 2001年 3月
雑誌名: 金沢大学医学部保健学科紀要
ISSN: 1342-7318
巻: 24
号: 2
開始ページ: 141
終了ページ: 150
キーワード: 育児
意識
保健医療従事者

母性行動
意味差判別法
保育士
ヒト
抄録: 子育て支援セミナーに参加した母親と保育士を対象に意識調査を行った.保育士は日々の保育活動を通して子供とはといった意識を常に持っている.しかし,子供は日々の成長,発達を遂げており,さまざまな変化を示す.その為,その時々で母親の心は揺れ動き,新たな不安を生み出すことが考えられる.こうした結果からも明らかなように,母親の子供に対する思いはその時の情動によって大きく左右される.したがって,このセミナーで学習した子どもに対する理解が,これほど確かなものとして深く母親の心や認識に変化をもたらしたかは不明であるが,子供の問題が噴出している昨今,孤立している母親に対する社会的支援は重要であり,その継続性の必要性を示す
内容記述: 原著論文
URI: http://hdl.handle.net/2297/6149
資料種別: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:24巻2号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/6149

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください