DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c10. 学術雑誌掲載論文(医・保健) > 1. 査読済論文(医学・保健) >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
ME-PR-TACHINO-K-269.pdf528.51 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 加齢によるアキレス腱コラーゲンの可溶性変化 : ラットのアキレス腱におけるコラーゲンの生化学的分析
その他のタイトル: Age-Related Changes in the Solubilities of Achilles Tendon Collagen : Biochemical Studies on Collagen from Rat Achilles Tendon
著者: 須釜, 聡
立野, 勝彦 link image
灰田, 信英
世良, 典恵
阿部, 季子
Sugama, Satoshi
Tachino, Katsuhiko
Haida, Nobuhide
Sera, Norie
Abe, Sueko
発行日: 1996年 7月31日
出版社(者): 日本理学療法士協会
雑誌名: 理学療法学
ISSN: 0289-3770
巻: 23
号: 5
開始ページ: 269
終了ページ: 274
キーワード: 加齢
コラーゲン線維
関節可動域
抄録: 今回我々はラットのアキレス腱における,コラーゲン線維の加齢変化を,その可溶性の変化を中心に検討することを目的とし実験を行った。実験動物は3週齢,9週齢および37週齢の雄のWistar系ラットを使用した。結果は,コラーゲン濃度については週齢の違いによる有意な変化は認めなかった。コラーゲン線維の可溶性の変化については,3-9週齢間の比較では,9週齢の塩可溶性コラーゲン線維のみ減少した。9-37週齢間の比較では,37週齢の酸可溶コラーゲンの減少と不溶性コラーゲンの増加を認めた。このことは,ラットのアキレス腱に関して性的に成熟期をむかえたころから既に,酸可溶コラーゲンの減少及び不溶性コラーゲンの増加の可能性を示唆している。組織の柔軟性に関しても,この頃から柔軟性が低下する方向ヘコラーゲン線維が変化しはじめると推察出来る。 The purpose of this study was to examine the effect of aging on collagen concentration and the change in solubility of Achilles tendon collagen. Wistar strain male rats, aged 3 (n=6), 9 (n=6) and 37 (n=6) weeks, were used. Hydroxyproline was determined for the estimation of the collagen content in neutral salt soluble, acid soluble and insoluble collagen. The collagen concentration in Achilles tendon was expressed as a per cent of wet weight. The collagen concentration did not change significantly between 3 and 9 weeks of age, 9 and 37 weeks of age. The percentage of the salt soluble collagen to the total collagen was decreased significantly between 3 and 9 weeks of age, and did not change significantly between 9 and 37 weeks of age. The percentage of the acid soluble collagen to the total collagen was decreased significantly between 9 and 37 weeks of age, and did not change significantly between 3 and 9 weeks of age. The percentage of the insoluble collagen to the total collagn was increased significantly between 9 and 37 weeks of age, and did not change significantly between 3 and 9 weeks of age. These results suggest that 1) The collagen concentration in Achilles tendon may not change significantly with weeks of age. 2) The solubility of Achilles tendon, expressed as a percentage of the salt soluble collagen, acid soluble collagen and insoluble collagen to the total collagen, may change significantly with weeks of age.
URI: http://hdl.handle.net/2297/7299
関連URI: http://ci.nii.ac.jp/naid/110003996321/
資料種別: Journal Article
権利関係: 本文データは学会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
版表示: publisher
出現コレクション:1. 査読済論文(医学・保健)

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/7299

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください