DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c10. 学術雑誌掲載論文(医・保健) > 1. 査読済論文(医学・保健) >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
ME-PR-TACHINO-K-11.pdf547.2 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 寡運動がジストロフィーマウス腓腹筋の収縮能と組織化学的特性に与える影響
その他のタイトル: Effect of Hindlimb Suspension on Young and Adult Gastrocnemius Muscle in Dystrophic Mice
著者: 灰田, 信英
立野, 勝彦 link image
Haida, Nobuhide
Tachino, Katsuhiko
発行日: 1989年 1月10日
出版社(者): 日本理学療法士協会
引用: 理学療法学
雑誌名: 理学療法学
ISSN: 0289-3770
巻: 16
号: 10
開始ページ: 11
終了ページ: 17
キーワード: Suspension hypokinesia
Gastrocnemius
Dystrophis mouse
抄録: 寡運動 (Hypokinesia/Hypodynamia) に伴う筋萎縮が, ジストロフィー筋の病理組織学的変化並びに筋収縮特性に与える影響について検索した。4週齢 (若齢群) と12週齢 (成熟群) の 129B6F_1系ジストロフィーマウス31匹をそれぞれ実験群と対照群に分け, 実験群に対しては Morey の tail suspension モデルを用いて後肢を無荷重状態とした。2週間の寡運動後, 腓腹筋を採取し, 湿重量測定後 myosin ATPase, Hematoxylin & Eosin 染色を実施し, 組織化学的並びに組織学的検索を行った。また合わせて対側腓腹筋の単収縮, 強縮張力から収縮特性について計測した。その結果, 寡運動の影響は幼若ジストロフィーマウス群に著しく, 体重, 筋重量, 単収縮及び強縮張力は対照群に比べ減少した。しかし組織化学的変化は若齢群, 成熟群共に腓腹筋のタイプ1型, 2型線維は同程度に萎縮し, かつ1型線維の構成比率の増加が認められた。病理組織学的所見は, 組織化学的変化と同様に, 若齢群, 成熟群共に筋線維の大小不同がび漫性に, さらに中心核, 炎症細胞, 壊死や結合織の増殖像が同頻度に出現した。以上の結果より, 若齢群に見られた変化は, 寡運動に伴う成長の一時的停滞であり, ジストロフィー筋に対して本法による寡運動性萎縮は病理学的変化になんら影響を及ぼさない事が示唆された。 Disuse atrophy induced by limb-immobilization reportedly protects dystrophic mouse muscle from histopathological changes. This experiment was conducted to determine whether disuse atrophy induced by hypokinesia/hypodynamia (H/H) limits the histopathology and contractile abnormalities typically observed in the dystrophic mouse. Two weeks of H/H suspension was induced in 16 Line 129B6F_1 dystrophic mice at two ages, 4 weeks (8 mice) and 12 weeks (8 mice). Fifteen untreated dystrophic mice served as controls. In general, H/H exaggerated the dystrophic symptoms, especially in the younger mice; it reduced animal weight, muscle weight, maximum twitch and tetanic tension, and rate of twitch and tetanic tension development. H/H reduced the size of type 1 and type 2 fibers, increased the percentage of type 1 fibers, and decreased the percentage of type 2 fibers in both young and adult muscles. H/H did not alleviatc the fiber size variability, degree of necrosis, central nucleation, inflammation, or muscle fibrosis in dystrophic muscles. The data demonstrate that disuse by H/H does not prevent the histopathological deterioration or loss of muscle function in 6 and 14 week old dystrophic mice. This suggests that physical interventions which prevent muscle deterioration must be applied to immature muscles, prior to onset of necrosis.
URI: http://hdl.handle.net/2297/7300
関連URI: http://ci.nii.ac.jp/naid/110003995060/
資料種別: Journal Article
権利関係: 本文データは日本理学療法士協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
版表示: publisher
出現コレクション:1. 査読済論文(医学・保健)

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/7300

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください