DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c10. 学術雑誌掲載論文(医・保健) > 1. 査読済論文(医学・保健) >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
ME-PR-ODA-M-590.pdf1.89 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 肺外性進展を来し,縦隔腫瘍との鑑別が困難であった巨大肺過誤腫の1例
その他のタイトル: A case of giant pulmonary hamartoma with extra-visceral pleural growth
著者: 原, 拓央
太田, 安彦
太田, 尚宏
平沼, 知加志
渡辺, 俊一
小田, 誠 link image
渡辺, 洋宇
Hara, Takuo
Ohta, Yasuhiko
Ohta, Naohiro
Hiranuma, Chikashi
Watanabe, Shunichi
Oda, Makoto
Watanabe, Yoh
発行日: 2001年 7月15日
出版社(者): 日本呼吸器外科学会
雑誌名: 日本呼吸器外科学会雑誌
ISSN: 0919-0945
巻: 15
号: 5
開始ページ: 590
終了ページ: 594
キーワード: 肺良性腫瘍
過誤腫
肺外増生
巨大
pulmonary benign tumor
hamartoma
extra-visceral pleural growth
giant
抄録: 症例は45歳,女性.胸部単純写真で異常陰影を指摘されて当科受診した.胸部CTおよびMRIでは左肺動脈本幹に接して石灰化を伴う長径約6cm大の腫瘍性病変が認められた.前縦隔腫瘍を疑い,胸骨正中切開で摘出術を行なった.組織学的には気管支上皮や脂肪織の混入を伴い,分葉状の軟骨組織の増生からなる過誤腫と診断された.左肺上葉に発生した過誤腫は,肺外への特異な進展を呈していた. A rare case of giant pulmonary hamartoma with extra-visceral pleural growth is presented. A 45-year-old woman consulted us because of an abnormal shadow on chest roentgenogram. Chest CT and MRI showed a solid tumor (6 cm in diameter) with scattered calcifications between the anterior mediastinum and left lung, but it was quite difficult to confirm the tumor origin and to evaluate the relation with the left pulmonary artery. A thoracotomy revealed an extra-pulmonary mass rising out of left upper lobe, and it had to be excised and the surrounding tissue removed, with intraoperative histological diagnosis of cartilaginous hamartoma. It was concluded that, in such cases, intraoperative histological examination was essential to determine the optimum operative procedure.
URI: http://hdl.handle.net/2297/7326
関連URI: http://ci.nii.ac.jp/naid/110001269861/
資料種別: Journal Article
権利関係: 本文データは日本呼吸器外科学会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
版表示: publisher
出現コレクション:1. 査読済論文(医学・保健)

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/7326

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください