DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c20. 紀要 > 金沢大学十全医学会雑誌 > 093巻6号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
AN00044397-093-060.pdf1.98 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 安静時狭心症患者における冠動脈攣縮誘発法としての寒冷刺激試験の意義
その他のタイトル: The Usefulness of Cold Stimulation as a Provocation Test for Coronary Arterial Spasm in Patients with Angina Pectoris at Rest
著者: 井内, 和幸
Iuchi, Kazuyuki
発行日: 1984年12月20日
出版社(者): 金沢大学十全医学会
雑誌名: 金沢大学十全医学会雑誌
ISSN: 0022-7226
巻: 93
号: 6
開始ページ: 855
終了ページ: 867
キーワード: angina pectoris
coronary arterial spasm
cold stimulation test
ergonovine
URI: http://hdl.handle.net/2297/7760
資料種別: Departmental Bulletin Paper
版表示: publisher
出現コレクション:093巻6号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/7760

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください