DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c20. 紀要 > 金沢大学十全医学会雑誌 > 103巻2号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
AN00044397-103-041.pdf1.51 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: ヒト肝癌培養細胞におけるα-フェトプロティンおよび組織ポリペプチド抗原の放出機構に関する検討
その他のタイトル: Production of α-fetoprotein and Tissue Polypeptide Antigen in Human Hepatoma Cell Lines
著者: 石塚, 巌
Ishizuka, Iwao
発行日: 1994年 4月20日
出版社(者): 金沢大学十全医学会
雑誌名: 金沢大学十全医学会雑誌
ISSN: 0022-7226
巻: 103
号: 2
開始ページ: 465
終了ページ: 473
キーワード: human hepatoma cell lines
dexamethasone
sodium n-butyrate
AFP
TPA
URI: http://hdl.handle.net/2297/8546
資料種別: Departmental Bulletin Paper
版表示: publisher
出現コレクション:103巻2号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/8546

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください