DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c20. 紀要 > 金沢大学十全医学会雑誌 > 104巻1号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
AN00044397-104-017.pdf2.98 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 耳小骨連鎖の可動性に関する研究
著者: 渋谷, 和郎
Shibutani, Kazuo
発行日: 1995年 2月 1日
出版社(者): 金沢大学十全医学会
雑誌名: 金沢大学十全医学会雑誌
ISSN: 0022-7226
巻: 104
号: 1
開始ページ: 175
終了ページ: 186
キーワード: 研究
耳小骨(学問・研究)
連鎖(遺伝学)
抄録: 独自の耳小骨可動度解析装置を作製し,正常な中耳10例,諸々の中耳疾患39例の耳小骨の可動度を検討した. 1)これまで不明であった生体における正常耳小骨の可動度を示すことが出来,0.5-4gfの今回の比較検討範囲では平均10.05gf/mmを示した. 2)鼓膜穿孔耳を含む諸々の中耳疾患における耳小骨可動度評価と疾患鑑別の精度の向上をもたらすことが出来た. i)非真珠腫の慢性中耳炎では鼓室硬化の有無によって耳小骨可動性は異なっており,本検査は鼓膜穿孔があっても明確に可動性の良悪を評価することができ手術の指標となった. ii)真珠腫性中耳炎ではたとえ連鎖が残存していても,上鼓室に密着した真珠腫被膜により可動性は障害されている場合が多い. iii)癒着性中耳炎では鼓膜の内陥が強く耳小骨が内方へ変位しているため,可動性障害は諸群の中でも大きかった. iv)外傷などによる耳小骨連鎖離断も明確に指摘することが出来た
その他の番号: 1996050873
URI: http://hdl.handle.net/2297/9123
資料種別: Departmental Bulletin Paper
版表示: publisher
出現コレクション:104巻1号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/9123

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください