DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c20. 紀要 > 金沢大学十全医学会雑誌 > 104巻3号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
AN00044397-104-031.pdf1.78 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: Torsades de pointesの発生機序および興奮伝播様式に関する実験的検討 心表面マッピングおよび心筋3次元的マッピングを用いた検討
著者: 勝木, 達夫
Katsuki, Tatsuo
発行日: 1995年 6月 1日
出版社(者): 金沢大学十全医学会
雑誌名: 金沢大学十全医学会雑誌
ISSN: 0022-7226
巻: 104
号: 3
開始ページ: 324
終了ページ: 334
キーワード: 心筋
心臓
Torsades de Pointes(実験的)
三次元
イヌ
動物
抄録: 雑種成熟イヌ23頭を用い,高周波カテーテル焼灼による完全房室ブロック作成後に,Cs0.5~1.0mM/kgの反復静注を行い,Tdpを誘発し,Tdp中のEp-map,3D-map,MAPについて検討した. 1)TdpはCs投与による解析対象例17頭中12頭に誘発された. 2)Cs静注によりMAPDは延長し,EADが71.4%に誘発された. 3)EADがTdp開始の立ち上がり電位と一致する例はなかったが,単発性心室性期外収縮や2ないし3連発の多形性心室期外収縮の立ち上がり電位と一致した. 4)Tdp開始における電気軸変動時には,Ep-mapでは最早期興奮部位は1ヶ所であり,1心拍毎の移動がみられた. 5)3D-mapにおいても最早期興奮部位の1心拍毎の移動がみられたが,伝導ブロックや興奮旋回の連続性はみられなかった
その他の番号: 1996119938
URI: http://hdl.handle.net/2297/9137
資料種別: Departmental Bulletin Paper
版表示: publisher
出現コレクション:104巻3号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/9137

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください