DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c20. 紀要 > 金沢大学十全医学会雑誌 > 104巻3号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
AN00044397-104-034.pdf1.71 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: アミノ酸インバランス輸液製剤の抗腫瘍効果に関する基礎的研究 吉田肉腫担癌ラットによる実験的検討
著者: 松, 智彦
Matsu, Tomohiko
発行日: 1995年 6月 1日
出版社(者): 金沢大学十全医学会
雑誌名: 金沢大学十全医学会雑誌
ISSN: 0022-7226
巻: 104
号: 3
開始ページ: 351
終了ページ: 362
キーワード: Amino Acids
薬物
抗腫瘍剤(治療的利用)
腫瘍(実験的)
輸液
吉田肉腫(薬物療法)
ラット
動物
抄録: 1)アルギニン・オルニチン・インバランス輸液投与群(KAO-1)と総合アミノ酸投与群に宿主体重の有意差を認めなかった. 2)KAO-1投与群およびN-(phosphonacetyl)-L-aspartate(PALA)併用群において有意に腫瘍増殖の抑制を認めた. 3)窒素平衡の変動では,全群輸液期間中終始正の窒素平衡を示した. 4)KAO-1投与群およびPALA併用群では血清尿素窒素の上昇および血清尿酸値の低下を認めた. 5)KAO-1投与群およびPALA併用群では尿中にシトルリンが著明に排泄されており,体内での尿素回路の賦活化が示唆された. 6)細胞周期の検討ではKAO-1投与群およびPALA併用群でS期細胞の増加を認め,アルギニン・オルニチン・インバランス療法の細胞周期への影響が示唆された
その他の番号: 1996121380
URI: http://hdl.handle.net/2297/9140
資料種別: Departmental Bulletin Paper
版表示: publisher
出現コレクション:104巻3号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/9140

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください