DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c20. 紀要 > 金沢大学十全医学会雑誌 > 104巻3号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
AN00044397-104-036.pdf1.35 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 組み換え型ヒトインターロイキン1の化学療法剤の副作用防護作用についての研究 アドリアマイシンの副作用防護作用について
著者: 奥村, 廣和
Okumura, Hirokazu
発行日: 1995年 6月 1日
出版社(者): 金沢大学十全医学会
雑誌名: 金沢大学十全医学会雑誌
ISSN: 0022-7226
巻: 104
号: 3
開始ページ: 373
終了ページ: 382
キーワード: Doxorubicin(毒性・副作用)
Interleukin 1
抗腫瘍剤
抄録: IL-1の癌化学療法剤の副作用に対する防護効果についてADMを選びマウスを用いて実験的に検討した. 1)IL-1を前投与することで,致死量のADM投与からマウスを防御することができ,前処置なしの正常マウスに比べ,致死量の約2倍量のADMを投与することが可能であった. 2)副作用防護効果は,IL-1の1回投与量及び前投与日数に依存していた. 3)副作用防護効果は,IL-1の造血作用に基づくものであるとの成績は得られなかった. 4)副作用防護効果は,IL-1がADM投与後心筋に発生するフリーラジカルにより生じる組織障害を抑制する為である可能性が示唆された
その他の番号: 1996102747
URI: http://hdl.handle.net/2297/9142
資料種別: Departmental Bulletin Paper
版表示: publisher
出現コレクション:104巻3号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/9142

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください