DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c20. 紀要 > 金沢大学十全医学会雑誌 > 104巻4号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
AN00044397-104-040.pdf1.27 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: ヒト十二指腸パネート細胞における膵蛋白分解酵素の免疫組織化学的発現 とくに膵の形態および組織像との関連性について
著者: 吉光, 裕
Yoshimitsu, Yutaka
発行日: 1995年 8月 1日
出版社(者): 金沢大学十全医学会
雑誌名: 金沢大学十全医学会雑誌
ISSN: 0022-7226
巻: 104
号: 4
開始ページ: 410
終了ページ: 417
キーワード: Endopeptidases
細胞
十二指腸
膵液
膵臓
組織
ヒト
免疫組織化学
Paneth細胞(病理学,分泌)
ヒト
抄録: 1)パネート細胞の細胞質顆粒にトリプシンの発現をみとめた.その発現は多様であった. 2)パネート細胞にキモトリプシンの発現はみなかった. 3)主膵管閉塞では非閉塞群に比して,十二指腸1陰窩あたりの平均パネート細胞数は有意に増加していた.パネート細胞におけるトリプシン陽性率も有意に高率であった. 4)十二指腸1陰窩あたりの平均パネート細胞数と膵腺房細胞残存率との間には有意な負の相関がみられた.パネート細胞におけるトリプシン陽性率と膵腺房細胞残存率との間に有意な負の相関がみられた. 5)PFD異常値群ではPFD正常値群に比し,十二指腸1陰窩あたりの平均パネート細胞数は有意に増加していた.以上の結果より,十二指腸パネート細胞は膵外分泌機能の低下に際して,その数が増加し,トリプシン陽性物質が増加することにより,消化管内での消化機能,特に蛋白消化の代償に関与していると考えられた
その他の番号: 1996123804
URI: http://hdl.handle.net/2297/9145
資料種別: Departmental Bulletin Paper
版表示: publisher
出現コレクション:104巻4号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/9145

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください