DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c20. 紀要 > 金沢大学十全医学会雑誌 > 104巻5号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
AN00044397-104-050.pdf1.6 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 急性期脳循環障害時における脳血流低下と頭蓋内圧脈圧との相関
著者: 得田, 和彦
Tokuda, Kazuhiko
発行日: 1995年10月 1日
出版社(者): 金沢大学十全医学会
雑誌名: 金沢大学十全医学会雑誌
ISSN: 0022-7226
巻: 104
号: 5
開始ページ: 517
終了ページ: 528
キーワード: 頭蓋内圧
脳循環
脳血管障害(急性)
イヌ
動物
抄録: 急性頭蓋内圧亢進を繰り返すことにより脳循環障害モデルを作製し,CBF低下によるICPampの影響を検討した. 1)加温人工髄液の側脳室注入負荷を繰り返すと,脳血流自動調節能が正常でかつCBFも正常な脳血流保持群(A群,n=22),脳血流自動調節能が正常でCBFのみが低下した脳血流低下群(B群,n=31),脳血流自動調節能破壊群と順次変化した. 2)A群,B群共にICP亢進に伴いICPampは増大し,ICPWは単峰化した. 3)mICPが120mmHg以下の全範囲において,B群のICPampはA群に比べ低下し,特にmICPが30~120mmHgでは,両群間に有意差を認めた. 4)mICPが30~80mmHg及び100, 110mmHgの範囲では,CBFとICPampの間に正の相関関係が認められた
その他の番号: 1996159724
URI: http://hdl.handle.net/2297/9155
資料種別: Departmental Bulletin Paper
版表示: publisher
出現コレクション:104巻5号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/9155

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください