DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c20. 紀要 > 金沢大学十全医学会雑誌 > 104巻5号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
AN00044397-104-051.pdf1.78 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: ネコ網膜OFF型双極細胞のグルタミン酸応答に関する研究
著者: 佐々木, 次壽 link image
Sasaki, Tsugihisa
発行日: 1995年10月 1日
出版社(者): 金沢大学十全医学会
雑誌名: 金沢大学十全医学会雑誌
ISSN: 0022-7226
巻: 104
号: 5
開始ページ: 529
終了ページ: 540
キーワード: Glutamates
細胞
神経伝達物質
ネコ
網膜
ネコ
動物
抄録: L-グルタミン酸に対する電流応答をパッチクランプ法を用いて研究した. 1)1196個の双極細胞のうち119個が膜電位を-46mVに保持した場合にグルタミン酸に対して内向きの電流応答を生じ,応答を生じた細胞はOFF型双極細胞の形態学的特徴を持っていた. 2)OFF型双極細胞のグルタミン酸に対する応答はグルタミン酸の濃度に依存して増大し,100μMのグルタミン酸で応答は飽和し,それ以上の濃度では脱感作を示した. 3)OFF型双極細胞のグルタミン酸に対する感受性は細胞の各部位のうち樹状突起部で最も高かった. 4)20μMのカイニン酸と100μMのAMPAはグルタミン酸を投与した場合に類似した作用を示した. 5)グルタミン酸が活性化するチャネルはアルカリ金属イオンに対し低い選択性を示し,Na+, K+, Cs+及びCa2+に対し透過性を示した
その他の番号: 1996163466
URI: http://hdl.handle.net/2297/9156
資料種別: Departmental Bulletin Paper
版表示: publisher
出現コレクション:104巻5号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/9156

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください