DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c20. 紀要 > 金沢大学十全医学会雑誌 > 104巻5号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
AN00044397-104-053.pdf1.02 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 慢性心負荷ラットにおける心筋タリウム-201摂取比と心筋重量比との相関に関する研究
著者: 谷口, 昌史
Taniguchi, Masashi
発行日: 1995年10月 1日
出版社(者): 金沢大学十全医学会
雑誌名: 金沢大学十全医学会雑誌
ISSN: 0022-7226
巻: 104
号: 5
開始ページ: 549
終了ページ: 555
キーワード: Thallium(測定・定量)
心筋
心機能検査
肺動脈弁閉鎖不全症
ラット
重量
ラット
動物
抄録: ラットを用いて右室圧負荷,右室容量負荷,左室圧負荷,左室容量負荷及び両室容量負荷モデルを作成し,コントロール群と共に血行動態諸値,心筋重量比及び心筋201Tl摂取比を測定した. 1)201Tl摂取比と左右心室圧比は圧負荷モデル群では良好な相関を示したが容量負荷モデル群での相関は不良であった. 2)心負荷の種類によらず201Tl摂取比と左右心筋重量比とは強い正の相関を示した.以上より,少なくとも右室負荷のある慢性心疾患に対象を限れば201Tl心筋シンチグラフィを用いて左右心室心筋重量比の推定が可能で,他の非侵襲的画像検査を用いた左室心筋重量値を組み合わせれば右室心筋重量を推定し得る可能性を示した.圧負荷疾患における左右心室圧比の正確な推定が201Tl心筋シンチグラフィを用いて行い得る可能性も示唆された
その他の番号: 1996154429
URI: http://hdl.handle.net/2297/9158
資料種別: Departmental Bulletin Paper
版表示: publisher
出現コレクション:104巻5号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/9158

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください