DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c20. 紀要 > 金沢大学十全医学会雑誌 > 104巻5号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
AN00044397-104-057.pdf1.5 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 原発性肺癌切除例における肺癌細胞の腫瘍内多様性に関する研究 増殖細胞核抗原と核DNA量の二重染色による同時定量的解析
著者: 森田, 克哉
Morita, Katsuya
発行日: 1995年10月 1日
出版社(者): 金沢大学十全医学会
雑誌名: 金沢大学十全医学会雑誌
ISSN: 0022-7226
巻: 104
号: 5
開始ページ: 600
終了ページ: 610
キーワード: DNA
フローサイトメトリー
染色
肺腫瘍(原発性・特発性・本態性,悪性,外科的療法)
Proliferating Cell Nuclear Antigen(測定・定量)
ヒト
抄録: 原発性肺癌症例96例を対象にフローサイトメトリー法を用いて腫瘍細胞のPCNALI及び核DNA量を同時定量的に測定した. 1)96症例に対し1症例につき平均3.4個のサンプルが採取,測定可能であった. 2)PCNALIは免疫組織化学染色から算出したものと,フローサイトメーターから算出したものものとはよく相関したが,フローサイトメーターから算出したものがより正確であった. 3)異数倍体細胞群のPCNALI(40.4±22.7%)は二倍体細胞群のPCNALI(15.9±11.2%)に比べ有意に高かった. 4)腺癌では全細胞数内異数倍体細胞数占有率が高くなるにつれて,測定サンプルのPCNALIが高くなる傾向を認めた. 5)扁平上皮癌では腫瘍径とPCNALIとは正の相関を認めた. 6)PCNALI高値のもので予後不良であった
その他の番号: 1996160770
URI: http://hdl.handle.net/2297/9162
資料種別: Departmental Bulletin Paper
版表示: publisher
出現コレクション:104巻5号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/9162

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください