DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c20. 紀要 > 金沢大学十全医学会雑誌 > 105巻2号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
AN00044397-105-021.pdf867.78 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 根性坐骨神経痛の発現における末梢の神経を通過する電位の役割に関する臨床的および実験的研究
著者: 田尻, 和八
Tajiri, Kazuya
発行日: 1996年 4月 1日
出版社(者): 金沢大学十全医学会
雑誌名: 金沢大学十全医学会雑誌
ISSN: 0022-7226
巻: 105
号: 2
開始ページ: 215
終了ページ: 221
キーワード: 坐骨神経痛(実験的)
神経ブロック
末梢神経
電位
ヒト
イヌ
動物
抄録: 根性坐骨神経痛の発現における病変部位より末梢を流れるインパルスの関与を調べる為に,臨床的及び実験的検討を行った. 1)臨床的検討として,根性坐骨神経痛の19例に病変部位より離れた腓骨頭部で総腓骨神経ブロックを行い,リドカイン群がプラセボ群に比し有意に有効であった. 2)実験的検討として,坐骨神経の中枢を電気刺激し坐骨神経末梢で記録すると,皮膚での反射波と考えられる波形が得られた. 3)以上より,根性坐骨神経痛の発現には,病変部位より末梢を通過するC線維のインパルスが皮膚で反転して大脳まで伝導される経路が関与していると考えられた
その他の番号: 1997008057
URI: http://hdl.handle.net/2297/9198
資料種別: Departmental Bulletin Paper
版表示: publisher
出現コレクション:105巻2号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/9198

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください