DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c20. 紀要 > 金沢大学十全医学会雑誌 > 105巻4号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
AN00044397-105-045.pdf2.67 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 糖尿病網膜症早期における自覚的視機能異常の検出
著者: 松村, 孝司
Matsumura, Takashi
発行日: 1996年 8月 1日
出版社(者): 金沢大学十全医学会
雑誌名: 金沢大学十全医学会雑誌
ISSN: 0022-7226
巻: 105
号: 4
開始ページ: 478
終了ページ: 495
キーワード: 意識性
視覚
視覚障害(診断)
糖尿病網膜症
ヒト
抄録: 従来の静的コントラスト感度測定法に「動き」の要素を加味した新しい装置[動体検知コントラスト閾値(CTMP)測定装置]を試作し,本装置(試作機)を使用して糖尿病群と対照群とで矩形波空間変調格子模様の動きを検出できるコントラストの最低値(CTMP)を測定した.CTMPの平均値は試作機・小型機共に対照群に比して糖尿病群で有意に高かった.糖尿病群のCTMPは,試作機では100眼中45眼で,小型機では194眼中166眼で,更に糖尿病網膜症を呈しない時期においても試作機では86眼中31眼で,小型機では162眼中135眼で対照群でのCTMPの最大値を越えていた.CTMPと静的コントラスト閾値との間には相関は認められなかったが,CTMPは律動様小波(O1~O4)振幅の総和,O1頂点潜時及びO2頂点潜時と相関した
その他の番号: 1997078707
URI: http://hdl.handle.net/2297/9225
資料種別: Departmental Bulletin Paper
版表示: publisher
出現コレクション:105巻4号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/9225

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください