DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c20. 紀要 > 金沢大学十全医学会雑誌 > 105巻5号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
AN00044397-105-061.pdf1.91 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 亜硝酸捕捉剤チオプロリン投与による十二指腸胃逆流ラットの胃発癌抑制効果
著者: 仲井, 培雄
Nakai, Masuo
発行日: 1996年10月 1日
出版社(者): 金沢大学十全医学会
雑誌名: 金沢大学十全医学会雑誌
ISSN: 0022-7226
巻: 105
号: 5
開始ページ: 648
終了ページ: 657
キーワード: 亜硝酸
十二指腸胃逆流
胃腫瘍(悪性,予防)
十二指腸
腫瘍過程
ラット
Timonacic(薬理学)
ラット
動物
抄録: 体重270g前後のWistar系雄性ラットを用い,十二指腸液が全て幽門輪を経て胃内へ逆流する手術を行った.TPROを0.5%含有した飼料を与えるTPRO群(n=13)と,標準飼料を与える対照群(n=14)の2群に分け,術後40週で動物を犠牲死させた.腫瘤,胃癌及び胃腺腫の発生率は,TPRO群でそれぞれ1/13, 0/13, 1/13に対し,対照群で7/14, 5/14, 7/14と,TPRO群で低率であった.腫瘤は,幽門前庭部及び胃空腸吻合部に発生し,組織学的に癌及び腺腫,或いは両病変の併存であった.胃癌の組織型は管状腺癌又は粘液癌で,このうち1個に肝への浸潤がみられた.尿中硝酸排泄量の中央値は,TPRO群で4.9μmol/日,対照群で5.7μmol/日であったが,尿中NTPRO排泄量の中央値は,TPRO群で2.0μg/日に対し,対照群では0.05μg/日の検出限界を下回り,TPRO群が有意に高かった
その他の番号: 1997106130
URI: http://hdl.handle.net/2297/9239
資料種別: Departmental Bulletin Paper
版表示: publisher
出現コレクション:105巻5号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/9239

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください