DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c20. 紀要 > 金沢大学十全医学会雑誌 > 105巻6号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
AN00044397-105-078.pdf6.24 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 肝内胆管系でのインターロイキン6の発現とその病理学的意義 ヒト肝組織及び培養胆管上皮細胞を用いた検討
著者: 菅原, 浩之
Sugahara, Hiroyuki
発行日: 1996年12月 1日
出版社(者): 金沢大学十全医学会
雑誌名: 金沢大学十全医学会雑誌
ISSN: 0022-7226
巻: 105
号: 6
開始ページ: 819
終了ページ: 833
キーワード: Interleukin 6(性状・分布)
肝臓
肝内胆管(病理学)
培養腫瘍細胞
上皮細胞
胆管癌
ヒト
病理学
ヒト
in vitro
抄録: 1)正常肝の肝内胆管上皮で軽度ではあるがIL-6の発現が見られた. 2)PBCやEBOでの障害胆管上皮で,IL-6の発現が亢進しておりIL-6 mRNAシグナルもみられ,更に,IL-6レセプターの発現もみられた. 3)ヒト胆管細胞癌の癌細胞でIL-6の発現が見られ,分化度の高いものでは,発現が強くまた広汎に発現し,分化度の低下と共にIL-6の発現の分布と強度が低下した. 4)IL-6陽性癌細胞では同陰性癌細胞より増殖活性は低く,IL-6発現は胆管細胞癌細胞増殖とは逆の関連性を示すことが示された. 5)肝内結石を合併した胆管細胞癌では,IL-6は胆管上皮ディスプラジアに発現し,胆管細胞癌の発生初期に関連する因子の1つと考えられた. 6)初代ヒト正常肝内胆管培養細胞と胆管細胞癌培養細胞でIL-6,IL-6レセプター,IL-6mRNAの発現を認めた.特に,胆管細胞癌で発現が著しく亢進していた
その他の番号: 1997149524
URI: http://hdl.handle.net/2297/9256
資料種別: Departmental Bulletin Paper
版表示: publisher
出現コレクション:105巻6号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/9256

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください