DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c10. 学術雑誌掲載論文(医・保健) > 1. 査読済論文(医学・保健) >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
ME-PR-SOMEYA-F-117.pdf434.17 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 企図・動作性ミオクローヌスの病態と反復訓練効果の検討
その他のタイトル: Pathology of intention or action myoclonus and effect of repeating exercise
著者: 染矢, 富士子 link image link image
尾尻, 恵子
立野, 勝彦 link image
洲崎, 俊男 link image
濱出, 茂治 link image
Someya, Fujiko
Ojiri, Keiko
Tachino, Katsuhiko
Susaki, Toshio
Hamada, Shigeharu
発行日: 1987年 3月18日
出版社(者): 日本リハビリテーション医学会
雑誌名: リハビリテーション医学
ISSN: 0034-351X
巻: 24
号: 2
開始ページ: 117
終了ページ: 119
キーワード: 臭化メチル
企図・動作性ミオクローヌス
URI: http://hdl.handle.net/2297/9893
資料種別: Journal Article
権利関係: リハビリテーション医学24巻2号初出
版表示: publisher
出現コレクション:1. 査読済論文(医学・保健)

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/9893

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください